CNC/W杯予選/新しいこと

真夜中に、サルが司会をやっている番組が面白いです。毎日録画してまで見てしまいます。TVは主にサッカーしか見ませんが、この番組は別格です。
>>CNC
ところでW杯。6-0のアルゼンチン大量得点の試合が観ていてとても気持ちがよかった!特に2点目のコンビネーションはまるでディフェンスが居ないかのよう。メッシはバルセロナで既に注目を集めてますが、今後もかなり伸びるんでしょうね。
昨日トーゴvsスイスの試合を観ましたが、トーゴをはじめアフリカの国は、良い監督をつけてもっと戦術的な練習を重ねれば、数年後にはかなりレベルアップしそう。個人技や生まれ持った才能の質はやはり、現段階でもかなり高い。これでチームとしてのまとまりを見せてきたら、アフリカ大陸は、近い将来南米のようなサッカー大国の集まりになりそう。次回W杯の南アフリカ大会に大いに期待。
ジーコジャパンは、今まで色んな意味でいつもビミョーでしたが、W杯本番にしてここまでのビミョーっぷりを発揮できるなんて、もう勝敗は別にして、ちょっと凄いですね。
新しい仕事がそろそろ動き出しそう。はじまりはいつも楽しみです。人生は一度きり。だから好きなことを思いっきりやろう。思ったことは後悔をしないように全力でやろう。恥ずかしがらずにやりきろう。
そんなことを最近思い始めています。今年の夏が来るのと同じくらいの時期に、良い方向に何かが進む、そんな予感がしています。



エコサークル


キャラクターデザインとイラスト全般を担当した
繊維メーカー テイジンの
『エコサークル』のサイトがオープンしました。
エコサークルとは、ポリエステルのリサイクル素材で
ポリエステルのリサイクルって今まで
ペットボトル → フリース 
しか知らなかったのですが、
それだけじゃなく、
たとえばシフォンとか、女の子が着るような洋服の素材にも
リサイクルできる!ということを知って
新鮮なサプライズです。
エコの技術はかなり進化しているようです。
キャラクター、ポリーくんも可愛いので、ぜひ見てね。
エコサークルwebサイト



消費文化について

ちょっと前に宮本恒靖カフェが丸の内にオープンしたと聞いて、もう「○○カフェ」っていうのも、終わったな、と思った。なんでもかんでもカフェにすればいいってもんじゃない。まあ、賑わっているみたいだし、W杯がはじまれば大盛況だろうけど・・・。
欧米に比べて日本は本当に消費文化で、アイドルや芸人からブームや文化まで、火がついてしまえばすぐに全てのメディアが取り上げて消費されつくしてしまう。この体質って一体どうしてなんだろう〜とずっと考えていたのだけど、ある時、日本は地震大国だから。という考えにいきついた。
がんばって何年もかけて作った建造物も、素晴らしい細工の磁器や陶器も、一瞬にしてこっぱみじんになってしまう、国をあげての激震地区は、先進国の中ではたぶん日本だけ(調べてないけど)。そんな歴史があるから、日本人の心には「どーせ、そのうち壊れてなくなっちゃうんだから、形のあるうちに使えるだけ使っちゃおう!!!」というDNAが組み込まれているんじゃないかな。最近とくにブームの消費が顕著なのは、もうすぐ来ると言われている大地震へのビビリから「早く使ってしまわねば!」と皆が無意識のうちに焦っているからだと推測します。
ちなみにここのところは気配すら落ち着いている関東圏の大地震ですが、私のカンでは2010年あたりまで大丈夫そう。2009年あたりに、ヨーロッパなどへ移住すればだいじょうぶだと思います って、本当にカンですが〜。



思いつきビジネスプラン提案(歴史教科書)


映画版のダ・ヴィンチコードを観にいったのですが、時間を間違って出かけてしまい、結局観られず。また次回。
ダ・ヴィンチコードの小説版は、私なんかが言うまでもなく大ベストセラーですが、その本を読んだ時にふと、世界史や日本史の教科書を、こういう構成のミステリー調のつくりにすればいいのに、と思った。
文科省は、世界史/日本史の教科書の執筆をミステリー小説家に依頼するべき!教科書を読むのが楽しくなるだけじゃなく、関連書籍も読みたくなるし、ほんとうの歴史や人物を掘り下げたくもなる。ニホンには学者気質の若者が増えて学力も向上、景気も右肩上がり、安泰ですよ。



ピザ三茶

さっき、三茶でこのイケメン(!?)店長が作るピザを食べてきました。マスカルポーネとプロシュートのピザで自家製の生地、夢のようにおいしい。しかも素晴らしいコストパフォーマンス。(この言葉、この使い方であってるのかな。)気軽に立ち寄れます感も、良いお店でした。今日のワールドビジネスサテライトに出演するんですよ!とのことです。
>>ヴォコ