2020年 謹賀新年

明けましておめでとうございます!
心を新たに2020年のスタートです!

b_IMG_8588
b_IMG_8586


今年は1月4日土曜日からアーランジュ・ベリーダンススタジオでは踊り始め!
皆さん良きテンションの中、元気に集まれた事が本当に嬉しいです!
今年も宜しくお願いいたします!!!!

さてお正月は近所の神社に初詣を済ませたあと富士山方面へ。



b_IMG_8485
b_IMG_8483

富士山が縁起がいいよね、という事と
最近スケートがブームの息子のスケート熱を叶えるために温泉がてら富士急ハイランドへ。
遊園地の中のリンクは活気がありとても賑やか。
観覧車から見えた富士山と遊園地の景色が美しく、新年のやる気が湧いてきました。

そして「無理かな」と思っていたのですが「乗る!」と言うので、
小1の息子を世界記録認定のジェットコースターFUJIYAMAに乗せてしまった…

FUJIYAMA、私は十数年ぶりなのですが、
あの最速落下と途中腰がふわりと浮く感じは体感としてよく覚えており、
ちっちゃい子供なんかがあんなの乗ったら吹っ飛んでいってしまうのでは?!と思っていたところ、
110cmから乗れるとの記載が。
息子は130cm位なので身長はクリアしているが、
110cmなんて幼稚園年少さんとかじゃない?泣いちゃうんじゃない?流石にそれは無理じゃない?
とか、
色々考えているうちに我々の番に。
戻ってくるコースターに乗っている屈強な大人達も涙目、放心状態なのに
小学校1年生、ほんと大丈夫?大丈夫?うわーーー!という間に全てが終わり、
無事、帰還!
小1、よくがんばった!
若干涙目だったものの、すぐにスタスタと歩いて別のアトラクションに向かう息子の後ろ姿を見て
その成長を噛み締めたお正月でした…

個人的に絶叫マシンは大好きですが
やはり子を持つと、子供が吹っ飛ばされるんじゃないかとか
怪我したらどうしようとか別の怖さが生まれるね。
自分だけならほんとどうにでもなるんだけどね。
今年も怪我なく健康で過ごせるなら、それでいい!
特に多くは望みません(笑)!!!

皆様におかれましても、
健康で、素敵な2020年になりますように!

今年も何卒よろしくお願いいたします。


b_IMG_8570
b_IMG_8539


発表会、2020年2月9日です!皆さん、ご観覧にきてね〜!!!出演者の皆さん、一緒にがんばりましょう〜!!!
b_2020dramatic_1206



2019年 年の瀬

11月末〜12月の日本橋劇場〜エルハン来日の諸々業務が終わって息つく暇もなく
翌週日曜は息子のピアノ発表会でした。
私は土曜もレッスンなので、日曜にイベントや家族行事が入るとフル・ノンストップ状態になるので
気づくと2カ月くらい無休状態に!でももっと忙しい人たくさんいるよね!と思い
気合いと精神力で乗り切りました!

息子のピアノは4歳からはじめて丸2年半くらい。
その間に引っ越しや卒園などもあり、先生は4回くらい変わっていますが
いずれも良い先生ばかりで、ダラダラしながらもがんばって練習しています。
今年は新しい先生の門下生による発表会で新幹線変形ロボ『シンカリオン』のテーマ曲を弾きました。


シンコペーションの難しいリズムの曲で、かつ黒鍵もたくさん出てきて転調もするので
大丈夫かなあ、、と私が不安でしたが
まさかのオール耳コピーで、全編楽譜を見ずに謎のフル暗譜で
多少のミスはありつつも無事弾ききる事ができました。
最初、楽譜が読めていると私が思い「このシャープの音は…」とか「3小節目は右手がメイン」とか
説明していたのですが、
気づくと譜面台に楽譜を逆さまに置いてるし
「???」と思って、シャープを指差して、この記号の意味わかる?と聞くと
「ハシタグ?でしょ。ママいっつも見てるtwitterとかインスタで出てきてる」と言うし(汗)
譜読みは絶望的だけど、
子供の耳ってすごい!!!全部の音を聞けている!この耳を育てて行きたい!と
勢い勇んでいたところ、
ピアノ発表会翌日から「耳が痛い!!!」と泣きわめき
冬恒例の中耳炎発症…。
耳鼻科は劇混み3時間忍耐のオールスタンディング待ち、子供の聴力は劇落ちよ…。
なかなか思い通りに行かないね!
でもそれ以外は
すごく健康すぎるほど健康体で育っているから、まあ、いっか!
ずっと痩せっぽちのガリガリくんでしたが、
夏過ぎくらいから急にがっちり体型に太り出してきました。
相変わらずの偏食で、「今日も給食たべられるもの無かった…」と帰ってくる日も多く
それなのに何故太るのか本当に謎ですが、まあとりあえず、健康だし、いいか!


そんなわけでクリスマス周辺は7歳のバースデーパーティx2回&クリスマスディナーなど
私が唯一家庭人として頑張る週間でした。

b_IMG_7502
bIMG_7536
bIMG_7705
bIMG_7711
bIMG_7542
bIMG_7780

誕生日ケーキはシンカリオン。
ロボットのチョコレート細工、最高にむずかしかった…



クリスマスは
ターキー?ローストチキン?と思ったけど
流石に胃が疲れたので、「そうだ!サムゲタン作ろう!」と思いつき
行きつけの肉屋で丸鶏を購入。
サムゲタンは私の中の『キング・オブ手抜きだけど豪華に見える料理』なんだけど
ほぼ煮込むだけで野菜のカットも無いのでカレーよりも簡単!
そしてダンサーに必要な良質なタンパク質をしっかり摂れて
低糖質!調べると本場韓国では夏場に食べる事が多いそうですが
日本では冬の鍋の代替としてサムゲタン、流行るといいのにな〜と思います!

そんな年の瀬です。
今年は自分的にスタートダッシュが異様に遅かった1年でしたが
後半色々と楽しい事も詰め込まれ
また、たくさんの出会いや感動も多い一年でした。
アーランジュのベリーダンススタジオに通って下さっている皆様も
本当にどうもありがとうございます!
素晴らしい先生たち、スタッフ、クライアント様、取引先の皆様、今年も1年ありがとうございました。
家族も健康で過ごせて良かった。


2020年も誠意を持って、真摯に取り組んで行きたいと思います!!!

今年もありがとうございました!











Dramatic!大発表会のフライヤー配布、チケット販売がスタートしました

毎年結構計画的にふるさと納税をしていて、夏に桃やぶどうが届いたり、旅行券をもらって秋には温泉、冬に肉。でも今年は慌ただしくしているうちに12月ももう下旬!昨夜一気にふるさと納税を終わらせたけど、今年から返戻率が変わってしまったのがちょっと残念。
個人的に泉佐野市の大盤振る舞いは結構気に入っていて何度か納税していたのに今年は自治体として除外になっていた。でも楽しく節税効果があるふるさと納税は本当に素敵。
最近では自然災害の被災地に向けた寄付としてのふるさと納税もあり、
昨年の北海道地震で私の実家も数日停電などの被害があったため人ごとではなく
気になる被災地への寄付も出来る範囲で行なっています。

b_2020dramatic_1206

さて、
アーランジュ・ベリーダンスDramatic!大発表会のフライヤーとチケットが届きました!
出演者の皆様はスタジオにて入手して下さい。
このフライヤーが届くといよいよ年末〜!という感じ。
そしてなぜか燃えてきます。闘志みなぎる。

ふるさと納税、年賀状、発表会。

そんな感じです!!!!!

外は寒いけど心は暖かい。そんな年末年始を過ごしていきたいです。


********
2020アーランジュDramatic!ベリーダンス大発表会
場所:ひらつかホール(東京都品川区荏原4丁目5−28)
日時:2020年2月9日(日)16時開場/16時半開演予定 三部構成入れ替えなし
チケット:全席自由 2500円(当日3000円)
********

チケットのご予約も承っておりますので、
予約希望の方(出演者も含む)はアーランジュ原宿受付かこちら まで必要枚数をお知らせください。
追ってこちらから受付完了のメールをいたします(返信は平日のみ)

セントラル/tipnessの生徒さん達は担当講師よりフライヤーとチケットをお受け取り下さい。
チケットの必要枚数が事前にわかる方は講師かこちら まで事前にご連絡いただけるとスムースです。

*当日券は通常ご用意がありますが
満席の場合はご用意できません(過去数回当日券が出なかった事がございます)
確実にご覧いただきたい方は前売りチケットのご購入をおすすめいたします。


たくさんの方のご来場をお待ちしております!!!!



おばあちゃんのこと

hd


10月も終わろうとしているとある土曜日、祖母が亡くなった。


その日はいつもより30分ほど早く目が覚めて、なぜか目覚めた瞬間に「あ、おばあちゃん亡くなったな」とわかった。
プッシュ通知でLINEやメールが届いてたわけではない。
たまにそういう事がわかる時がある。誰かが病気っぽいな、とかも。
素早く起きてメールの受信トレイを確認すると母からのメールで祖母が亡くなった知らせが届いていた。ああやっぱり、と思い、その日はレッスンもあるし
翌日はショーの前のリハーサル1回目があるから、北海道に帰省できるならリハの直後かなと考え始めた。

慌ただしく母や親戚と連絡を取り合い、子供の朝食と習い事の準備を済ませて家を出る。
土曜の原宿のベリーダンスレッスンの間に母からお通夜と葬儀の日程が届く。
合間にANAのサイトでエアチケットを予約した。直前予約は割高〜!とか思いながら。
そして翌日、久しぶりにアーランジュの講師の皆と集まれる貴重なリハの日だったので
そちらに参加してから、ダッシュで原宿駅まで行き
なんとか出発1時間前に羽田に到着する。


祖母はもう15年以上も寝たきりだった。
記憶にある、まだ元気だった祖母は2002年、その年に私の母(祖母の娘)が大きな病気で入院して看病のために帰省した際に
私の実家にほど近い所に住んでいた祖母が三輪自転車に乗ってやってきており
そこで少し会話したのが、祖母と交わした言葉の最後だ。
ちょうど日韓ワールドカップで日本中が盛り上がっていた年だったからよく覚えている。
その頃からすでに認知症の症状があり
たまに支離滅裂な言動をして困ると皆が話していたけど
私がその日会ったのは孫が大好きな普通のおばあちゃんだった。
サッカー好きの友人達と2002年日韓ワールドカップの話になると
その年に大流行したデイビット・ベッカムのはにかんだイケメン笑顔とともに
入院している母と、当時実家で飼っていた雑種犬のキャルと、夕日を背中に道の向こうから私を見つけて
ニッコニコで「ちかちゃ〜ん!」と三輪自転車をこいでこちらにやってくる祖母の笑顔がいつも思い出されて懐かしさと切なさがこみ上げてくる。

その後私は東京に戻り
実家から「おばあちゃんが転んで入院した」とか「もう話せなくなった」とか「寝たきりになって施設に入った」とか年を経るごとに悪化していく祖母の様子の連絡が入った。
「おばあちゃんはもうダメかもしれない」と3,4年前くらいから母が言うようになった。
それでも帰省のたびに祖母がいる施設に顔を出すと
車椅子に乗って家族とのミーティングスペースに祖母はやってきて
ゼリー状の食事を美味しそうに食べさせてもらったりして、まだ本能的には元気そうな祖母を見て
少し安心して東京に戻っていた。祖母の面倒は基本施設の人が行なってくれたが
私の両親と母の兄夫婦が見ており、それが15年以上も続くと
皆が昔の祖母を忘れているようだった。


祖母はずっと北海道の田舎に住んでいたにも関わらず
「一体どこで買ったんだろう」と思うような綺麗なブローチをつけていたり
豪華なラメの入ったなニットを着ていたり、とてもおしゃれな人だった。
私と妹のことをとても可愛がってくれて、うちに遊びに来るたびに
一人に300円ずつお小遣いをくれた。
編み物が得意で、小学生の頃は私と妹が着るセーターを毎年何着も編んでくれた。
その当時はなぜか編み物が大流行しており
当時のアイドル歌手やイケメン俳優が表紙になったセーターの編み方本が秋冬になると書店に面出しされてたくさん並び、そういう本を参考にして
次はピンクがいい?白のキラキラの糸が入ったセーターにしようか?と言って
1シーズンに3着くらい編んでくれた。
小学校でも流行に敏感な子たちは私が新しい祖母作のセーターを着ていくと
「どこで買ったの?」
と必ず駆け寄ってくるので鼻が高かった。
しかし、私が中学に入った頃に祖父が亡くなり、
その頃から祖母も少し元気が無くなってきたようで
もうセーターみたいな大きな物は編めないと言って
毛糸の暖かい靴下をたくさん編んでくれるようになった。ちょうどサンタクロースのプレゼントを入れるような感じの、赤い毛糸の、ときにグラデーションだったり、
赤とピンクのバイカラーだったり。
18歳で私が東京に出てからもしばらく祖母は靴下なら編めていたようで
冬になると実家から大量に毛糸で編んだ靴下が届いた。
一冬ではとても履ききれないほど、何足もの靴下。
もう何年分もの靴下を祖母が当時編んでくれたのだけど
祖母が施設に入ってからは、なんだかもったいなくなって
1シーズンに2足だけを大切に洗濯しながら交替で家で履いて、今でもたくさんの毛糸の靴下をとってある。


もうずっと、私の記憶の中で祖母は
動けなくなって話せなくなった施設にいる祖母だったので
「おばあちゃんはハイカラな物が好きだったから、お供えのお菓子はハイカラなものにしてね」
と、母からメールがあるまで
キラキラのラメ糸入りのセーターを編んでくれていた祖母のことは忘れていた。
母のメールで、ああそうだった、と
祖母が着ていた数々のおしゃれな洋服や編んでくれたセーターの事が一気に思い出されて、
羽田空港の中で一番可愛いパッケージ(箱で選んだ)のお菓子をお供え用に買って、
何か、ひつぎに一緒に入れられるおしゃれな物はないかな、と空港を歩き回った。
しかし何しろ搭乗時刻は迫っているし
季節も冬に向かう頃でモコモコのダウンジャケットとかそういうのは沢山見かけたけど
イメージしている祖母のスタイリッシュな雰囲気に合うものはない。
エスカレーターを登った先に『和光』があり、ここなら!と思い入ると
美しい刺繍のピンクと白を基調にした大判のハンカチが目に入った。
これを、祖母の棺に入れてあげよう、顔の横に置いたら、顔色が明るく華やかに見えるはず、
そう思って、「ふたを閉めないで箱に入れて、リボンをかけてください」と店員さんに伝える。

北海道の葬儀場につくと祖母はとても美しい顔で棺の中に居た。
施設や病院にいた頃の顔ではなく、20年くらい前の晴れやかな明るい表情が思い出された。
持ってきた刺繍のハンカチを棺の横に置き、
もう午前0時に近かったけど
妹や、何十年ぶりに会ういとこ達と、小学校時代の懐かしい話や、
もうこの辺りは過疎ってて、学校も統廃合されててヤバい、など地元トークを繰り広げた。
北海道の夜は氷点下に近づく気温だったけどなぜか気持ちは満たされ
暖かく懐かしく、祖母が亡くなって寂しいけれど幸せな不思議な時間だった。

翌日は葬儀で
祖母の棺と祭壇の前で、父母妹私の家族4人(+祖母)で写真を撮った。
子供の頃、お葬式や死はとても怖い物で
親戚のおじさんの葬儀の写真などを見るのも怖いと思っていたけど、
祖母の祭壇の前で撮った家族写真はなんだかとても心温まるもので、
帰りの飛行機の中で何度もiPhoneを起動させて眺めた。

葬儀には母のいとこ達や、祖母とは直接血の繋がりのない、だけど仲の良かった親戚のおばさん達がたくさん参列してくれた。
この世代はこういう感じ、
と、ふと思った。
祖母の世代は兄弟姉妹も各家庭3〜4人、そしてベビーブームの私の父母の世代へ続く。
おそらく、
ベビーブーム世代のお葬式も今となんら変わりはない、
親戚が多数集まるものであろう。
そして、あの人はあんなだったとか、
故人とは直接は関係はないけど懐かしい話なんかして、
やっぱり昔からの繋がりや親戚はいいな(悪い場合もあるけど笑)と
思ったりするのだ。

でも。

もし私が90歳とか、祖母が亡くなった年齢まで生きたとして。
その下の世代はどのくらいいるのだろうか。
息子は今6歳だけど、いとこは一人もいない。小学校の国語の例題で『いとこたちと、あそびにいきます』と出てきて、いとことは何かまだあまり理解できていないようだった。

さらにその息子が大人になった時。



少子化が叫ばれて久しいがいよいよ2019年生まれの子は90万人を下回る見通しとなったそうだ。
ちなみにベビーブームと言われた1947年頃は約270万人。
私の周りを見ると、
産む人はたくさん産んでる!3人も4人も子供いる人も多い!という感じ。
一人っ子の我が家は珍しいくらいだ。
息子の小学校でもお兄ちゃんお姉ちゃんが上の学年にいる同級生が多数いる。

どちらかと言うと、
結婚しない男女がとても増えている、という印象。
それは人生の選択肢として全然悪い事ではないし、
子育ては本当に大変なので(大変すぎる!笑 まったく!笑)
私も仕事に生きられるなら、そういった選択をしても良かったと思っている。

ただ、このままでは国が衰退していってしまうので
移民ではなく、きちんとした対策で
子供を増やす努力を国がもっとやったらいいのになあと思います。
SNSで先日
『意識の無くなった老人を生かすために胃瘻(胃に穴を開けて栄養を流し込む)をやるのは保険適用、でも不妊治療は保険適用外』というのを見て
これが今のニッポンよな、と納得感がありました。

政治家になりたいとかは微塵も思いませんが
次の世代が困らない、より良き国づくりとか、もっとやったらいいのにな〜
と思う次第です。


長々とパーソナルな事書きました。特にオチがないので申し訳ないですが
読んでくださった方ありがとうございます。


祖母の死に際してなぜか晴れやかな気分なのは
十数年、ずっと寝たきりで、最後は経管栄養で苦しそうだった祖母が解放され
私の中で、綺麗でオシャレだった大好きな祖母を思い出せた事、
そして葬儀の際に従兄弟や妹や、大病したけど今は元気な両親とも時間を過ごせた事が
とても心に響いたからだと思います。
そういった区切りを文章で残したかった。


年末のラストスパートの時期となりました。
アーランジュベリーダンス発表会に向けてスタジオも熱がこもってきています。
「フォーメーション練習が始まると、ああ発表会シーズンだなと思う!」と
張り切った生徒さん達の声が聞こえてきて私も燃えるし嬉しい。

引き続き、何卒よろしくお願いいたします!!!





11.24ティップネス『Belly Dance Night』ベリーダンス発表会

IMG_6549
IMG_6548
時間を遡ってBlogを書いております!
先月11.24(日)はティップネス ベリーダンスフィットネスの発表会『Belly Dance Night』でした。

1部のショータイムで共演したアーランジュのasatoさんと!
2部で共演したAreenちゃんとは写真を撮り忘れました…


ティップネスのベリーダンスフィットネスは2008年スタート。
発表会が始まってからはこの日のために練習を重ねて来られた皆さんが
美しい衣装を身に纏い、華やかに登場します。
私も例年数クラスを受け持ってこの日のために特設レッスンを開講し
参加者の皆さんに本番に挑んでいただいております!

IMG_6621
吉祥寺チーム。
吉祥寺がスタートして3or4回目?
メンバーは毎回少しずつ変わっていますが、回を重ねるごとに安定感のある踊りを見せてくれる吉祥寺チームです。
華やかな衣装と晴れやかな笑顔もとても素敵でした!

IMG_6610 2
新小岩チーム。
こちらも特設クラスの常連、新小岩チーム。私の特設レッスンのほかに
メンバーが自主的に集まって行なう自主練を繰り返し、早々にフォーメーションを覚えて
がんばってくれました!!!!

IMG_6563
氷川台チーム。
穏やかで優しく笑いが絶えない氷川台チームです!レッスンも和気藹々としていて
私もリラックスして楽しく指導できました。
初参加の方もいらっしゃり緊張感もありましたが、本番ではキリリとかっこいいダンスを見せてくれました!!!

IMG_6618
こちらは直接指導はしていないのですが
孫弟子にあたる蘇我チーム。
司会者の方にも「例年楽しみです!」と言われるほどインパクトのある衣装(コスプレ!?)で登場するメンバーがいる
蘇我チーム(この写真には残念ながら写っていない)。
千葉からはるばる神奈川のはまぎんホールへ。道中もきっとワイワイと楽しくお越しいただいたことでしょう♫
男性も数名いて、バランスの取れた構成になってきたチームです。


この日まで各スタジオにて指導にあたってくださったインストラクターの皆さま、誠にありがとうございました。
そして出演者の皆さま、本当にお疲れさまでした!
来年に向けて課題などあるかと思いますが、引き続きがんばりましょう♫


****
毎回、1部と2部の間に空白の1時間があり、時間がもったいないな〜と思っていたので、
今回はジェルネイルのライトなど一式を持ち込んで、セルフジェルネイルを施しました!

IMG_6565
IMG_6566

結果、大成功!
1部では普通の爪だったのが、2部ではジェルの輝くネイルに(笑)

これはまさに、『下半期・隙間時間活用コンテスト』があったら私優勝するだろうな!と思える時間活用術でした(笑)
最近のLEDライトは10秒速乾なので
マニキュアよりも時短になるな!と思いました!!!

ストーンが、衣装の補修用に買ったものしかなく、
爪に載せると大きすぎたのがしいて言えば残念だったので、
もう少し小さめのストーンも購入して色々研究してまたやろうと思うー!!!!


ティップネスベリーダンスフィットネス、
今後もどうぞよろしくお願いいたします!!!!!!!