印象的な服を着ることは良い人生につながる


*ヴィヴィアン・ウエストウッド展(森美術館/1.15まで)をやっとギリギリ観てきた。いやー懐かしいですね、ヴィヴィアン。懐かしいんです、私にとっては。展示は初期の70年代「パンク」時代の洋服から最近のコレクション・ラインまで。ヴィヴィアンは今でも現役バリバリだけど全盛期は90年代の中盤、テーラードを女性っぽくアレンジしていた時代だと私は勝手に思っている。テーラードは男性の物なのに、ヴィヴィアンが手掛けると妖艶なレディーの服になる。その頃ちょうど私はファッションを勉強していてヴィヴィアン・ウエストウッドにはものすごーくインスパイアされたのでR。だから展示を観てると「その頃の、甘酸っぱい自分」のことも思い出されてクラクラしました。最近ではNANAで中島美嘉さんがヴィヴィアン着てましたね。小物のライセンスもばんばんやってるし、かなりニッポンに根付いたヴィヴィアン・ウエストウッド。
ヴィヴィアンは独自の哲学を持っていて「ウエストを強調して細く見せると、ヒップが大きく見える。ヒップを大きく見せると脚が美しく見えるのと同時に上半身がミニマルになる。すると一番印象に残る部分は顔ということになり、顔こそがもっとも大切。」などと言っている。顔かーーーい!(服つくってるのに!)と思わずツッコミを入れたくなりますが、「印象的な服を着ることは良い人生につながる」という言葉も同じくヴィヴィアンの言葉であり、ああ、それは確かに、良い人生につなげたいから印象的な服を着よう、と強く思わされました。見た目がダサい人のことって、あんまり憶えていないし、印象に残らないとソンをするよね。
ところでやっぱり背の低い人は、ヴィヴィアンの洋服は似合いませんね。だから必然的に、あの靴なのでしょう。そういえば、ヴィヴィアンの元ダンナのマルコムは数年前に何を思ったか、市長に立候補してましたが、落選していました。当選したら大麻を合法に!とか言ってたみたいです。いくつになってもパンクですNE。

ヴィヴィアン・ウエストウッド(JAPAN)
ヴィヴィアン・ウエストウッド(UK)
マルコム・マクラーレン
ロンドン



photo1




サンライズ!ライズ!ライズ!!!

あけましておめでとうございます!今年もホントに色々よろしくです!なにかこう、「うわ〜何?今年めちゃくちゃ楽しくない?ヤバいじゃん!すっごくハッピー!!!」というような1年にしたいですね。
ところで初日の出って見ました?先日気づいたのだけど、わたし初日の出って見た事ないの。「初」どころか「日の出」自体を見たことがない。なんだかもったいないよね。見られる物は見ておいたほうがいいよね!2006年は一度はとびっきりに早起きをして日の出を見ます!感動して泣いちゃうかも。

*このMANGAの続きを見てみる「太陽泥棒」の回です。(パソコンのみ)
*ケータイの人は機種によっては↑のMANGAの画像を待ち受けに設定できます。
もっと待ち受け画像がほしいひとはこちら



ラッキーカラーは赤!!!

犬はもう、当分飼う予定もないし、いいやと思って先月「世界の犬、大図鑑」という本を捨てた。重いし場所とるし。そしたら今週「色んな犬を12ひき」描く仕事が入った。…捨てなきゃよかったー。というか、こういう事が起こるから「捨てられない脳」が育つのですね。それにしてもこれってお犬様のしわざ?生類憐れみの令?綱吉の差し金…???大奥の最終回、録画して見たけどビミョーでしたね。全然関係ないけど、世界で一番最初に発売された炭酸飲料はドクターペッパーです。
2006年は全体的に赤やえんじ、ボルドーがラッキーカラーのようです。フェラーリでレッドカーペッドに乗りつけ会場へ、身に付けるのは赤いドレスにレッドサファイヤ…あたりを目標にがんばろうと思います。



ヤダとイイヨ


「ヤダとイイヨ」という絵本を出しました。文は小説家の辻仁成さん、絵が私。対象は子ども達だけど、大人が読んでも心が暖かくなる素敵な仕上がりです。評判も上々、との情報が入ってきたりで、嬉しい〜。パリに住む辻さんとはほとんどがメールのやりとりで完成した本ですが、辻さんの、作品に対する真摯な姿勢は一緒に仕事をさせていただいてとても刺激になりました。そしてひとつ前の冬に、この不思議な引き合わせの場を作ってくれた美容師の黒田さん、どうもありがとう!ちびっこ達がこの絵本を手に取っているところを想像すると、なんだかハッピーです!
ヤダとイイヨ
辻仁成氏