青色発光ダイオード


さようなら、今年!もうすぐ今年が終わるね!というわけで青色発光ダイオードが発明されてから青いイルミメーションが増えて、街がとってもキレイ。なにげに六本木ヒルズとか、好きです。
で、その青色発光ダイオード、数年前に中村修二さんという人が発明したのですよね。今まで赤・緑・黄(信号色)しかなかった発光ダイオードに青が加わった歴史的瞬間!歴史が動くのを、わたしたちは気づかぬうちに結構目撃しているよね!それはそうと、この青色が加わったおかげで赤・青・緑の光の三原色が揃い、渋谷など繁華街の大型ビジョンで鮮明な映像を写し出せるようになりましたね。あのTSUTAYAの上の大型ビジョンも青色発光ダイオードのおかげ!クリスマス時の街も様変わり!ありがとう、青色発光ダイオード!!!
私はこの発明者、中村修二さんという人がとても好き。青色発光ダイオードが世に出て間もない頃、中村さんのドキュメント番組をTVでみた。家族を大切にする良きお父さん、でも言葉の端々に頭のいい人特有の自信が満ちあふれている。偉業を成し遂げたサラリーマン。のちに中村さんの所属していた会社がこのすっごい発明に対して「まあ、こんなもんでしょー」とナメた金額しか支払わなかったので、中村さんは訴訟をおこし約6億円で和解した。
たしか個人の発明品とか著作物に対して、億単位の和解金が支払われたのは、過去にあまり無かったのでは?(これが最初?)と思う(ちょっと記憶不鮮明ですが)。そういう意味でもこの人はすごいなあ。自分が創った素晴らしい物を世に広め、さらに個人でありながらそれに対価を支払わせちゃったんだから。世の中って意外と不等で、個人が会社内で作った物は、会社の物です〜、だからあなたには給料の○万円しか払いませんよ〜 って事が多いんだよね。いろんな意味で前例を作った中村さんみたいに、発明(=アート)+ビジネスも駆け引きもバリバリできまっせーという人が増えれば、ITだけじゃなくて色んな面で、ニホンは近々すっごく発展するよーな気がするよ。



*ココルのこと

エクスタシーキャラメルの中に「ココル」という名前の生き物が登場します。

ココルは、ピンク色のマリー・ルーの家で召し使いとして働いています。ノーギャラです。

このココル、私は自分で作ったキャラクターの中でもけっこう思い入れがあって名刺にもプリントしているくらい。どんな事があってもめげずにがんばる所とか、私にかなり、似てるんです(似てるのか?似てるよね?)。
『エクスタシーキャラメル』の位置設定は、地球の人工衛星。時間設定は現代。なので、今わたし達の暮らしている地球と同レベルの技術革新や事件や発明などが起こりますが、『エクスタシーキャラメル』のほうが地球より若干進化しています。人工衛星=宇宙暮らし=宇宙人 なので、ココルやマリー・ルーがなんの生き物なのか、地球の生物学上ではちょっと説明がつかないかもです。とにかく「可愛い」「面白い」「ちょっとへん」などと思ってもらえればいいな、と思います。
エクスタシーキャラメルについて、見てみる
ケータイの人はこちら



Jリーグ


いいですね、男泣き。
稀に見る混戦だったJリーグ最終節、見てるほうもドッキドキだよね、で、優勝したのはガンバ大阪。試合終了のホイッスルとともに涙に顔をおおったキャプテン宮本がとっても印象的だったよ。宮本ってポジション的に試合に出られない時期があったり、出てないのにキャプテン?とか言われたり、しかも優勝すると思われてて連敗したり、ずっと張りつめていた物がやっと吹っ切れたんでしょうね、美しかったです。
2005年のJリーグは序盤カシマが優勢だったけど、小笠原が海外に行きたいとかやっぱ行かないとかワガママ言ったり、FW陣がビミョーに不調だったりこれで1位?って感じだったよね。シーズン半ばあたりから急浮上してきたガンバが結局優勝したけど、終わってみれば今年はガンバ年だったかも。代表に初召集された大黒がJでも相変わらず活躍したり、清水からきたアラウージョも得点王だしね。個人的には、シーズン最初に主要選手を次々と引き抜かれてスカスカになったジェフが気になってたんだけど、まあナビスコ優勝したしね、阿倍なんかはこれから代表にも定着して、伸びる選手だと思う。
それにしても最終戦のセレッソは痛い感じだったなー。去年はJ2降格ギリギリにいたのに気付いたら勝てば優勝ってとこまで来てて、でも結局負けちゃってね。でもチームとしてはこれから(来年以降)よくなる兆しがありますね。
そのセレッソの最終戦、対するFCの土肥がまたちょっと神がかってて(この人って時々神がかるよね、去年のナビスコ決勝とか)、お、と思ったのですが(2点入れられたけど引き分けにして優勝を阻止したし)、私、代表のキーパーって前から、川口-土肥-楢崎 の順番にすればいいのになあ、と思ってるんです。そして、W杯は土肥をスタメンで使えばいいのに、と思います。そうすれば、なんだか勝てるような気がするよ。唐突だけど。まあ、気がするだけだけどね。



駅周辺

今日オープンした表参道の駅ビル(駅地下)のエチカに行ってきました、というか、通りかかりました。表参道駅、ずっと工事してたのってこれ作ってたんですね。てか工事中じゃない表参道駅をはじめて見たよ。テーマカラーはショッキングピンク!入ってる店は、おしゃれスイーツ!おしゃれカフェバー!アクセサリー!ネイルサロン!おまけにランジェリー!って感じで、営業マン風のおっさん達が新規オープンのピンク色のパンフレットを拡げて「どれどれ新名所、話題にちょっと見ておこうかな」とうろうろしている姿が、なんだか全員変態っぽく見えました。どうやら表参道駅は女性(特にOL)に優しく仕上がったみたいです。がんばれ!都会で働くおとうさん達。 

それにしても「スイーツ」という言葉が定着してから、菓子全般がなんだか高級感を持ってきたような気がします。
「駅前で買ったケーキ」「駅前で買ったスイーツ」。
言葉の魔力ですね。



ふつうのゲイ


愛こそ全て!世界は愛に満ちているよね!!というわけで、ジョージ・マイケルやエルトン・ジョンなど、ゲイのミュージシャンが続々と結婚してますね。まあ、ゲイだけど、好きな人と結婚できるのはおめでたいことでしょうね。素晴らしいと思う。ところで、ゲイの人が書く曲(歌詞)は、やっぱり、男女の恋愛 ではなくて、男同士のソレ を思い描きながら書いているのかなあ。「おまえが好きで好きで明日もずっと一緒にいたいぜ、オレの可愛いハニーちゃん」みたいな歌詞も、男性が男性に恋焦がれている情景なのかしら。 そういう曲のPVなどでは(演者として)美男美女が登場するのが常だけど、作った本人達の意向どおりの映像で最初っから出してみるのも、実はけっこう需要があるかも。てか、フツーに売るより売れちゃったりしてね。そのへんの層って結構いるわけだし、最近では徐々に社会的な偏見もなくなってきてるしね。
それにしても(ふつうの)ゲイの人達は、立ち居振る舞いが女性よりも女性らしくて抜群の芸術センスを持っているので時々かなり、うらやましいです。女らしさはゲイから見習え!とか、そのうち女性誌あたりで特集されるかもねー。