ベリーダンス・アーランジュ原宿スタジオ10周年です!!

IMG_4772
アーランジュ原宿スタジオをOPENしてから10年が経ちました!10周年です!!たくさん通って下さっている生徒の皆様、たくさんおしえて下さった講師の皆様、そして関わって下さっている全ての皆様、本当にありがとうございます。

しかし10年って、すごく長かったようで一瞬だったような気もする。とても不思議です。

渋谷や神泉、表参道のレンタルスタジオからスタートしてやっと『ダンススタジオをオープンしてもOK』の物件を見つけたのがちょうど10年前。
探してみて知ったのですが、ダンススタジオって本当にハードル高くて音とか振動とか気にされる大家さんが多くなかなか貸してもらえないんですね。
その当時はその先どのくらい続くかなんて実はまったく考えておらず、勢いと若さ(笑)のみで突っ走った感もありますが、熱心に通って下さる生徒さん達に支えられ、長く続ける事ができております。
初期の生徒さん達は巣立って行かれて講師になっている方もいるしスタジオを持っている方もいらっしゃったり。中にはスタート当初から熱心に通って下さっている方もいるので嬉しい限りです。
アーランジュ開講当初の講師の方々も、結婚されたり出産されたり中にはもうベリーダンスから遠ざかった方もいるけど独立してがんばっていらっしゃる方もいたり。様々です。

ちょうど原宿スタジオオープン当初からメディアにもベリーダンスをたくさん取り上げて頂き、それがあまりにも忙しくて私はレッスンを持たず毎日飛び回っていた日々でした。そして原宿スタジオOPENの1カ月あとに、現在ティップネスでロングランプログラムとなっている『ベリーダンス・フィットネス』の開発・監修がスタートしたので、こちらもちょうど今年で10周年か〜。

『ベリーダンス・フィットネス』のほうもスタート当初から熱心に通って下さっている生徒さま達がたくさんいるので、新しくインストラクターになった方より生徒さまのほうが歴が長かったりするカオス現象も起きていますが、それもプログラムが愛されているからこそですかね。

10年前、2008年はベリーダンス業界的には黎明期という感じで色々と面白い展開を肌で感じる事ができ、
そして今書いていて、私も少しは誰かの人生に彩りを与えて差し上げる事ができたのかなあ、と漠然と思っております。
そうであったら素敵だなあ。
たとえそうでなくても、私がアーランジュを始めた事でたくさんの人々が出会ったり、笑ったり、励まし合ったり、感動したり、そういった数々の出来事が起こったであろうと想像すると
改めて「大変だったけどやって良かったな」と思えます。
自分が居る事で、少しでも誰かの人生が変わるってすごい事です。それを知る事ができて良かった。
個人的にもたくさんの経験をさせて頂いたので、ここから先はもっともっと誰かのためになるような事を行なっていきたいと思っています。


次の10年はどうなって行くのでしょうか!

私の10年前よりももっと前、別の仕事をしていた頃の事を知っている人たちは「そろそろ知香ちゃん新しい仕事はじめるんじゃないの〜」「ベリーダンスの次は何やるの?」となぜか最近続々と連絡をくれます(笑)
でもまだまだベリーダンスはとても楽しいし、自己の身体ももっともっと鍛えて行きたい気持ちでいっぱいです。
第三者的に見ると、10年前と比べてショーや衣装などのレベルが格段とUPし、ベリーダンス業界全体がとても洗練されたものとなってきたように感じます。
とても素晴らしい事だと思います。


アーランジュの前にある桜、10年前はソメイヨシノよりも2週間ほど早く開花していました。毎年毎年その間隔が短くなり、今年はほぼ同時期の開花です。
晴天続きのこの春に、気持ちも新たに、そして少し初心に戻って次の10年を見据えて行きたいと思います!

皆様引き続き、アーランジュをどうぞよろしくお願いいたします!

**********
10周年記念として、原宿スタジオでは4月の月謝をご購入の方全員にスターバックスの新商品『スターバックス・スパークリング』をプレゼントいたします!
(先着順。無くなり次第終了)
すっきりさわやかノンカロリーのリフレッシング・テイスト、そしてほのかな甘みのピーチ・スプラッシュ、お好きなほうをお選び下さい♪







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>