BDF研修/旅について/エルハンWS開催!など

blog_IMG_6285



今週はティップネス『ベリーダンスフィットネス』のインストラクター様向け研修ウィーク。
2019年までは関西や中京地区まで出張に出ており、スタート当初は札幌にも店舗があったので何度も札幌を訪れたりもしていたのですが
今年から全ての研修がオンラインに切り替わっています。
他の業種や会議などでも軒並みそうなっているだろうし、『出張とはなんだったのか…』という気持ちになってしまいますね。
ただやはりダンスなので細かいニュアンスは伝わっているのかなあと心配になる事も多々あります。そしてやっぱり皆さんに会いたい気持ちも強まるね。


新卒で仕事をし始めた頃から10年くらいは今思うと個人的に密かな『旅』ブームだったようで、
ただその頃の経済状態だから安宿に泊まり安エアラインでチープな旅を幾度となく繰り返した。でも心にとってそれは全く安い思い出ではなく、私の大人としての根幹を作った価値ある貴重な経験の数々だったと今になって思う。
その頃はなぜか「一人で出向く」という部分に謎のこだわりを持っており、今思うと「なぜ?」という感じなんだけど、
バックパックとは言わずとも友達にお古でもらった機内持ち込みサイズの小さなスーツケース一つで色々な国を旅した。グーグルマップが無い時代だったので、スイスの山奥で道に迷った時や中国の路地裏に入り込んでしまった時は冷や汗モノで、
大人になりきって頭の中が情報過多になってしまった今だと絶対にしないような無謀な経験の数々がそこにあり、思い出すと今もスリリングな気持ちになりつつその頃を懐かしく思う。
その日の宿も取らずに丸腰で異国に乗り込んだりしてた割には怪我も盗難もレイプもゼロ。ラッキーしかないんだな!よく死ななかったな私!今だったら怖くて絶対無理(笑)。

ここ最近はもちろん海外なんて行けていないのですが、たまの休みに密かにビーチリゾートなどに出向くと、宣言真っ最中でまるで人がおらず、貸切のようなビーチやプールを満喫できた経験から
ああ、スリルは味わわずにゆったりした旅もいいもんだな、と思うようになってきた。
これが大人か(笑)。
というか、おそらく大多数の方がそうであろうが、2020年の3月から世相がスリリング過ぎて、日々を楽しむという気持ちとはほど遠く、「次に世はどう動くのか」が謎すぎて無意識に気を張っているので、
なんかもうお休みの日くらい思いっきり休みっぽい事したいよね〜!と思うようになってきたのだ。

漠然と今思うのは、
世相が落ち着いたらもっと旅をしたいなあ、ということ。
そして以前から幾度となく書いてきたけど、レストランや、あとはリゾートホテルを経営してみるのも楽しそうと思う。能力や資金的にできるかできないかは一旦置いておいて。
ただそれは、私がレストランやホテルに行くのが好きなだけなのか、本当にビジネスとして取り組みたいのか、そのあたりはまだよくわからない。
今は子のため夜にどうしても身動きが取りにくいので、レストラン経営などはやっぱり難しくなってしまう。そのあたりの一山を超えた頃に心が決まってくるのだろうと思っています。

さて明日10/15金はトルコと中継を繋いでベリーダンス界の貴公子、エルハン・アイのオンラインWSを開催します!
エルハンは2019年11月にアーランジュ主催の公演のために来日してくれた。もう丸2年か。今だったら隔離期間は何週間とかワクチンは打ったのかとか熱は無いのかとか、そもそも外国に入国出来るのかとか、来るだけで大変、てか来られないし行けない。
たった2年で様変わりしてしまったけど
オンラインでいつでも繋がったりまるで近くに居るように会話ができるのはとても素晴らしい事よね。
ネフェルタリ・スミコ様主催、アーランジュのアカウントからの配信となります。
アーカイブ受講もできるので直前までお申込可能です。

http://aalanju.com/info/?p=7302

ターキッシュ・ベリーダンスにご興味ある方はぜひご参加ください!


Print


11/23(火祝)のショーは良いお席から販売しており、16時の部はそろそろお早めに!ほんと!という感じになって参りました。
杉谷知香は16時、19時両方出演します!皆様どうぞお早めに〜!!

Print
Print










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>