ベリーダンス・フィットネス2017年度発表会、情報解禁です!

前回も書きましたが、『THE ニッポンの夏』という日々を過ごしているわたくしです。
のっけから最悪な話を書くと、
この間海に行き息子が大量に貝を拾ってきました。木の実とか草とかね、やたらと拾うんです。そして捨てさせてくれない。
で、この貝も例外でなく「飼う!」とのたまう。
仕方ないから小さいバケツに少し水を入れて200個くらいの貝を入れて洗面所に放置していました。
2日目くらいまで何事もなく過ごしたんですが、3日目の朝、「あれ、ちょっと洗面所がへんなにおいするぞ。」と思い、子供のいる家の洗面所と言えばプールの水着やら泥んこ衣服やら大量にあるわけで、それらからにおっているのかもしれないと早朝からバリバリ洗濯。でもにおいは消えない。いやむしろ強くなってる。
もしかして、そうか、貝が腐り始めているのか。

でも四歳児が大切にしていた貝です。彼が不在のうちに捨ててしまうと帰宅後激怒し号泣してしまう、それは面倒と思い、強くなりつつある貝の悪臭に蓋をするべくサランラップをかけて私も仕事へと出ました。

そして夕方帰宅後、エアコンの切れた家のドアを開けたとたん、これはまさに、異臭騒動です…!家人曰く「ザリガニの臭いに近い」との事ですが、ザリガニなんて見た事もないし、生ゴミと腐った魚と何かほ乳類の死骸かなんかを真夏の湿度の高い密室で何日も放置したような形容しがたい悪臭が家中を包んでおり息を止めて洗面所へ侵入しました。
貝にかけてあるサランラップを取ると、玄関で感じたよりも3000倍くらい強い悪臭が…!(後日、サランラップってすごい、という話になりました)
もうこれは全部捨てるしかないと貝をビニール袋に移しマンション内のゴミ置き場(24hOK)に持っていったのですが、その後ゴミ置き場に入ったマンション住人の皆さんが警察呼んだらどうしようと焦るレベルの異臭・悪臭。
貝を捨てたあとも丸1日は洗面所が悪臭で包まれ家族全員息を止めて歯を磨き顔を洗うという「これは、シンクロナイズドスイミングの事前稽古かな」と思える事態に。
さらに貝が入っていたバケツすらその後何時間も悪臭を放ち、洗っても洗っても無意味なので、バケツも捨てました。

東京の夏、締め切った部屋、おそるべし。
生物はすぐに朽ち、そして腐る。
皆さん、食中毒にもご注意です!


それからもう一つ。

その前の週は山にキャンプに行ったのですが(もう、ほんと、プライベート未知の世界でがんばりすぎ!私)、
小さな小バエ?みたいなのを持ち帰ってしまったらしく、1日に数匹は部屋の中を飛び回る事態に。
しかもそれが貝の悪臭事件の日と同時期におきていたのでノイローゼになりそうです。

小バエなので、ちょっとした強力バルサンでもたけば根こそぎ一発なのですが、子供もいるし、バルサンは私もアレルギー症状が出るので本当に最後の手段にしたい。ってか、小バエごときにバルサンってちょっと頭おかしい気もする。

それでまずはハーブの虫除けとか虫に効くアロマと言われるレモングラスのアロマオイルとかをガンガン炊いて、瞬間的にアロマ天国と化した我が家。
もうね、こっちがクラクラしそうなくらい、アロマにやられてくしゃみ連発するくらいのアロマワールドです。駅の地下街や街中にあるLushよりも強力なアロマスメル。
でもね、ぜんぜん効かない。

それで、半泣きになってamazonで調べて☆5つが200人越えのこの商品を購入しました。



部屋に数プッシュで「蚊がいなくなるスプレー」です。
神様仏様KINCHO様、万感の思いを込めて、部屋の片隅にプッシュして回りました。全長2ミリ以下とは言え、そんなもの家で何匹も見たくない。本当にさようなら、本当に消えてくれ!

…まさに神。
一日に数匹飛来していた未確認小バエがピタっといなくなりました。
ヒアリ騒動後、殺虫剤メーカーKINCHO(大日本除虫菊株式会社)の株価が急上昇したと聞きましたが、まさにいい仕事してくれます。
助かりました。お世話になっております。

そしてやっと今、平和が訪れた我が住居であります。
屋外に出て活動するという事は、屋内に戻ってからも屋外の余韻が残ってしまう行為ですね…もっと慎重に(何を?)生きねば…。


さて、前置きが長くなりすぎて時間が無くなったので(汗)、詳細はまた明日以降で書こうと思います、
ティップネス2017年度のベリーダンス・フィットネス発表会の告知がスタートしました!

現在私が受け持っている氷川台店でもエントリー可能です。

さらに昨年に引き続き新小岩店、そして今年は吉祥寺店でも私が担当する有料クラスが9月からスタートです!

とりあえずフライヤーの画像を貼っておきます〜各店舗でも配布スタートしているはずで〜す!




tip2017_omote_OL
tip2017_ura_OL



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>