☆初級B アラブリズム3 〜タクシームの踊り方〜☆

32CA13BF-EF18-4D14-A625-1F692F7C6DB0

 

昨日は前回の復習としてサイーディとマクスームのリズム、そして最後にタクシームの踊り方についてレクチャーしました♪

 

タクシームは独奏楽器の即興パート。

もちろんダンサーも即興になります。

アコーディオン、バイオリン、カヌーン、サックスなど様々な楽器のタクシームがあります。

 

ダンサーはどのようにその音を表現していくのか、楽器による踊り方の違いをみんなで学んでみましたよ。

 

 

今回はアコーディオンとカヌーンの踊り方の違いをレクチャーしました♪

 



アコーディオン

 

 



カヌーン

 

 

 

初級Bは知識&テクニック向上クラスなので、私の中ではスキルアップを目指す方やマンネリしている方には一押しのクラスですよ♪

初めての方も大歓迎!!!!

 

 

次回もぜひお楽しみに♡

 



☆9/27(木) Layla Helwa vol.55@マンディール浜松町☆

EF543B1B-072A-4E0B-9F16-5532E7EE94F2

199220DD-5CF6-4893-9CFF-227E984A667C

 

 

今月はLayla Helwa@マンディール浜松町です♪

 

今回は9名のダンサーによる華やかなステージになります☆

皆さまぜひ観にいらしてくださいね♪

 

 

9&11月のショーにはyukieは出演致しません。楽しみにしてくださっていた方には大変申し訳ございませんが、来年はパワーアップしてステージに戻って参りますのでその日まで楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。

 

 

☆Layla Helwa vol.55☆

 

9月27日(木)

show 一部20:00/二部21:00(内容は異なります。)

 

出演者

Ayano.Natsuki.MARIKO.Megumi.ayumi.emi.saori.chieko.Misato

 

 

☆場所☆

〒105-0023 東京都港区芝浦1-2-2 シーバンズ・ア・モール2F

JR 浜松町駅 南口 徒歩7分

ゆりかもめ 日の出駅 西口 徒歩3分

 

 

☆ご予約☆

0334552994

必ずご予約の上お越しください☆

 

 



☆火曜 初級B アラブリズム2☆

DA6DD66A-53AB-4C01-ABA7-FECB86FC49DC

 

昨夜のリズムはSaidi

 

レッスンにご参加の皆様ありがとうございました☆

中級メンバーも参加して、人数も多かったのでSaidiらしい賑やかなレッスンになりました♪

 

 

早速、リズムをアップしますので温かいうちに復習して引き出し増やしてくださいね♡




☆火曜 初級B アラブリズム☆

6D61F636-7B3A-4A95-89EC-F869BDB7596C

こんにちは♪

今夜はサイーディです♪

選曲はOsama EmamのCDから♡

 

サイーディの特徴を捉えて、バリエーションを増やせるようチャレンジしましょう!!!

 

 

 

そして今月初級Bでレクチャーしたリズムを忘れないようにこちらに書いておきますね♡

 

レッスンに参加された方はこちらの動画でリズムを聞いて復習してみてね♪

 

そして、分からない事はいつでも聞いてください。

 

 

 

 



Waheda(ワヘダ)

 



Maksoum(マクスーム)

こちはらアップテンポ、ミドルテンポの2パターンやりましたね♪

 



Sombaty(ソンバティ)

 

 

 

 

初級Bはどなたでもご参加いただけます♡

1回完結のレッスン内容なのでドロップインも大歓迎ですよ♪

 

 

今月の課題は「即興力強化」になります。

リズムを勉強したい、踊り方が分からない、踊りの引き出しを増やしいという方にはぜひ受けて頂きたい内容です♪

 

 

皆さまのご参加をお待ちしてます♡

 



☆映画がすき☆

FEE9609A-CC2D-4495-B372-7BFA6DFA3F90

 

久しぶりにほっこりする映画。

やっぱりアラビア語は甘くて美しい…

 

あらすじ

文化交流のためイスラエルに招かれたものの目的地を間違えて田舎町にたどり着き、やむなく地元の住人の家に分宿して一夜を過ごすことになったエジプトの警察音楽隊。イスラエルのユダヤ人、エジプトのアラブ人、ふだんは何かと対立しあう両民族が、次第にうちとけて心を通じ合うようになる様子を、絶妙のタッチでほのぼのと描く。



☆エジプト国立民族舞踊団☆

エジプトの国立民族舞踊団について調べてみたら、日本で有名なマフムードレダ、カウメイヤ以外にもイスカンダレイヤ、イスマイリアなど色々ありました♪

 

 

国立民族舞踊団はオリエンタル、ベリーダンスではなく民族舞踊(フォークロア)になります。

 

マフムードレダ、カウメイヤはアグーザにあるエジプト国営施設マスラハイルバローン(バローン劇場)で観れるみたいです。

 

まだ観たことがないので、一度は観に行きたい♪

でも調べてみると公式HPもなくいつ行われているか分からないらしいので、所属ダンサーに聞いたりして自力で公演日を調べないと分からないらしい…さすがエジプト 笑

 

カウメイヤならおすすめシリーズ2にも書いたOsamaに直接聞けば教えてくれるってことだよね♪

なんかやっぱりエジプトってすごい…

 

少し動画アップします♪

 

マフムードレダ

Saidi

男性の力強さと女性の軽やかなダンスが素敵♡

日本にもフォークロア男性ダンサーがいたらこうして踊るのも夢ではないのかも♪

男性フォークロアダンサー育ってほしいなぁ。



 

 

 

カウメイヤ

Saidi

こちらは馬のSaidi、ホースダンス。

Saidiにも様々な種類があるんです♪

Saidiステップは馬のステップからきてるんですよ。そういうお話もOsamaがWSでは色々教えてくれます。

 

いつも思うけど、リアルな馬のSaidiもすごいけど、こういう被り物の中の人の体力も本当にすごい。しかも後ろ足の人は前傾した状態でステップ踏んでるんだから大変だよね 汗



 

 

 

イスマイリア

Saidi

こちらはエジプトシナイ半島のリゾート地、シャルムエルシェイク。ステージも華やかですね♪

メインダンサーがいて、ソロや群舞の構成。マフムードレダとは全く違う雰囲気ですね。どちらも素敵。



 

 

 

 

イスカンダレイヤ

イスカンダラーニ(アレキサンドリア地方のダンス、ミラーヤ)

男女デュオのイスカンダラーニも可愛いけど、男女群舞もエネルギッシュで見応えあって素敵ですね♪

最後の男性の円陣から女の子達が抜けていくところがなんか好き。

それにしても、やっぱり男性のステップはすごいね。 おすすめシリーズ1にご紹介したAfmed Refaatのレッスンでフォークロアテクニックを学んだ時にステップが本当にすごくてつま先、踵の使い方が脳トレになったのを思い出す…汗



 

 

他にも様々なフォークロアショーがあります♪

みんなも検索して見てみてね☆

 



☆おすすめショー&ワークショップ2☆

62EA855A-E92B-483A-8F98-C5D2190C4813 98DD807B-E38F-493E-908B-87F63061F71D

 

 

Alb El Nile

主催はLatifaさん♪

エジプシャン好きならLatifaさん主催のショー&WSは絶対おすすめ♡

 

LubnaもOsamaもレッスン受けた事ありますが、本当に素晴らしいです!!!

 

Lubna Eman

9歳で国立民族舞踊団カウメイヤトゥループに所属しキャリアをスタート。エジプトで開催されているナイルグループフェスティバルのマスターティーチャーであり、エジプシャンフォークロアダンサー・コリオクラファー。レジェンドダンサーの一人、Nagwa foad(ナグアフォアード)のアシスタントをする他、多くの有名ダンサーの指導者、コリオクラファーとして現在も世界で活躍し続けている。

 

Osama Eman

ナイルグループフェスティバルのマスターティーチャー。国立民族舞踊団カウメイヤトゥループの芸術監督、フォークロアダンサー、コリオクラファー。

バレエ、アクロバット、多忙面に渡るあらゆるエジプシャンフォークロアダンスの教育を受け、10代の頃から世界各国の舞台に立つ。

 

 

 

 

本場エジプシャンを日本で習えるチャンス♪

ぜひみんなにも本物に触れて学ぶ機会をシェアしたい♡

 

もちろん、オールレベルの方におすすめです!だって、振付が踊れなくても、本場エジプシャンのフィーリング、テクニックを自分の目で見て学ぶ事に意味があります♪

 

レッスン後にはきっと何かが変わってます。本物から直接学ぶと自分の中にエジプトのフィーリングが確実に残るんです。誰のフィルターも通さない純粋なエジプシャンレッスンだから。これがエジプシャンなんだって感じる事ができる。言葉で表せない感覚だけど、エジプシャンの血を感じる唯一のレッスンなんだと思います。

 

 

Osamaは今年、国立民族舞踊団カウメイヤトゥループのとても偉い人になったそうなのでこれから先、国外にあまりでられなくなってしまうかもしれない、Lubnaもいつまで踊ってくれるかわからないと書かれているのを見ました…泣

 

受けれるうちに積極的に受けたいですね!!!

そして、本物に触れて自分の目を肥やしたい♪

良くも悪くもなんでもありの時代だからこそ、今はこれが本当に必要なんだと感じます。

 

 

そして、もしプロやインストラクターを目指す方がらいたら本物から学ぶレッスンは必須ですよ♪

是非参加してみてくださいね♡

 

私は6日は残念ながら参加できないけれど、7日は体調をみて参加できたらしたいなと思ってます♪

 



☆Ahmed Refaat WS動画☆




ShuShuさん主催WSでのフォークロアテクニックレッスン♪

 

 



こちらはヌビアンの動きをレクチャーしてる様子。

 

私もいるんだけどわかるかな♡

 

 



☆おすすめショー&ワークショップ☆

041F0C5F-55DB-43B0-8FB1-C7B57248A383

B72E8EFF-338A-486E-9CA1-B43E41E46F65

 

Egypt Lover Festival vol.10

 

Ahmed Refaat(アフメッド レファット)、Aida Nour(アイダヌール)が来日します!!!!

 

Ahmed Refaatはエジプトでも日本でも何度かWS受けてます!!!

優しい笑顔のAhmed Refaatですが、レッスンは熱血スパルタタイプ!!!

私はサイーディとフォークロアテクニックを受けましたがどちらも、知識、テクニック、フィーリング、衣装などなど、なんでも惜しみなくレクチャーしてくれてとても勉強になります!!!

 

Aida Nourはエジプトでレッスンを受けましたが、教え方がわかりやすくてイントラ目線でレッスン進行の勉強にもなります。

そしてエジプシャンテクニックが好きな方&興味ある方はAida Nourは必須ですよ♪

 

 

ショーも実力派ダンサーばかりでフライヤーみただけで絶対満足するってわかっちゃう 笑

 

 

 

私はギリギリじゃないとスケジュール分からなくてまだ予約できてないけど、行ける方は是非♪

 

私が本当に観たい受けたいと思うショー&WSをご紹介してます♡



☆木村カスミさんWS 少し長いです☆

ミラーヤバラディとモアシャハットの2レッスン受講してきました♪
知香さんクラス&yukieクラスの生徒さんも何人か参加されていて嬉しかった!生徒さんには質の良いレッスンをたくさん受けてほしいので、私自身が受けたいレッスンはダンススキルに関係なくみんなにも告知してオススメしてます♪だから、今回生徒さんが受講して自身で経験し学べた事が本当に嬉しいのです。

カスミさんのレッスンは「Q&Aスタイル」で、バラディとは何?曲の構成は?リズムの名前は?モアシャハットであなたが知ってる事は何?など私達に質問をします。

 

ただ、説明を聞いているだけでは分かっているつもりになってしまいがちですが、Q&Aスタイルだと自分の知識がどれくらいなのか気づく事ができて学ぶ意欲がどんどん湧いてきます。

 

カスミさんの「自分でも考えて、調べて、学んでほしい」というレッスンスタイルが私にはあってるのかも♡

 

お陰で、知識の引き出しに鍵がかかったままの部分が多かった事に気付きました。
後から見直したら、分かることや知っていた(学んだ事)が結構あった。
それがすぐにでて来なかったのは普段からそこに触れていないから。
それでは知らないも同然ですね…
その点を見直していきます!

 

早速、今回のWSで学んだ事と今まで学んできた事をまとめてみようと思います☆

 

先ずは、1レッスン目のミラーヤバラディ。
バラディとは何か、バラディの曲の構成、リズムの名前、エジプトの文化のお話からスタートしました。

 

Baladi(バラディ)とは「国産の、自然の」「農村風、地方の、田舎の」を意味します。

以前、Mohamed shahin(モハメド シャヒーン )が Baladiについて書いた記事に

『歌の中で “baladi” という単語が出てきた場合は「私の故郷」「私の土地」「私の村」または「この バラディ娘」ということになる。しかしことアートにおいて我々が用いるのは形容詞であり、「田舎風の」という意味合いでのバラディである。』


と書かれてました。
 

Baladiは都会のきらびやかな場所というよりは田舎の土着した雰囲気なんです☆


 
次に曲について、今回はバラディソング「ya baladi ya wad」をミラーヤで登場し、その後バラディ特有の下半身を中心とした土着した動きからのフロアワーク、今回の振付には入らなかったけれど後半はアサヤを使って踊るショーアップされた内容の振付でした♪
アサヤパートもやりたかったなぁ….
 
歌詞は、
愛するもの同士だけれど親によって引き離されてしまった二人。
「君に逢えないなんて…病気になっちゃうよ…」と嘆く彼の、彼女に逢いたい気持ちを歌っている恋の歌です。
 
切ないですね…
愛してるのに逢えないなんて辛すぎる 泣
 
そうそう、今回の曲とは違うけれどアコーディオンバラディの曲の構成についても少しお話してくださいました。
 
WSで話されていた事と他のWSで学んだ事をまとめると
 
1.アコーディオンの即興(タクシームまたはアワーディ)
2.アコーディオンとタブラのQ&A(ミーアッタ)
3.マクスームリズム、テンポアップして
4.アコーディオンとタブラの即興の掛け合い(テット)
5.ミーアッタ、ファラーヒ、サイーディなどのリズムで盛り上がり
6.スローダウンしてアワーディタクシームからやわらかく終わるor短いドラムで終わる事もある
 
という流れになります。
少しずつ、静かに、でも情熱的な盛り上がりがあり…音を聞けばわかりますがやはりテクニックは内側からあふれ出るような繊細で緩やかな、そして常にリラックスしたクラシカルな動きがBaladiなんですよね。
 
またバラディの中でもいくつかのジャンル分けがあり、WSの講師によって様々でしたが…
 
・トラディショナルバラディ
・モダンバラディ
・ポップ(ハッピー)バラディ
・エモーショナルバラディ
 
そして、アコーディオンバラディの中にもまた種類があり
・アワーディ(awadi)
・テット(tet)
・アシュラバラディ(ashra baladi)
・アメントビッラ(ament billah)
 
でも、前述のMohamed shahinはバラディには○○バラディというジャンル分けはなく、バラディはバラディであり、フュージョンバラディやモダンバラディ、ポップバラディなどは存在しないと書かれてました。
 
その理由はこちらの下の記事から。
読んで納得。
今まで腑に落ちない部分は、だからなのね!とスッキリしました。
翻訳は小江戸アラビアンナイトでお世話になったMonaさんがしてくださってます♪
 
「バラディか、それとも…バラディ?それが問題だ。」
 
Baladiはシンプルだけれど奥が深い…
もっと知りたいです。
 
そして最後に。
振付に入るとバラディのテクニック、つまりクラシカルなヒップワークや土着したステップ、緩やかでリラックスしたシミーなど、その特徴を熱心にレクチャーしてくれました。
 

目に見えるはっきりとした強いテクニックではなく、大地からエネルギーをもらい身体の内側から滲みでてくる芯のあるじわっとした強さ。

 
最近はモダンなレッスンを多く受けていたので、久しぶりのクラシカルな動きに苦戦しつつも、「やっぱりこの身体の使い方、フィーリングが好きだなぁ」と思いながら嬉しくなってしまいました。
 
そして、ダンスの基本であるクラシカルなテクニックをもっと学ぶべき、というか学びたい欲がどんどん湧いてきた♪
 
ふ〜。長くなってしまいましたね…汗
今日はここまで。
 
モアシャハットについてはまた次のブログで♪