☆ズキューンってくる「最高のダンサー」☆

先週末に私の尊敬するダンサーさんの一人である、Zizi(ジジ)さんのワークショップを受けてきました♪

 

Ziziさんの世界観がとにかく好きです。

ステージを拝見する度にその想いは募るばかり♡

言葉で、美しいとか、あそこが好き、ここが素敵、このテクニックがとか、そういうレベルを超えて、ただただ心にズキューンってくるあの感じ…最高なんです。

 

 

今回のワークショップの内容はバラディ(クラシカル歌もの)

 

バラディの踊り方と特徴、歌詞の意味、そして歌の背景(エジプトの恋愛や生活風景など)をとても丁寧に分かりやすく説明してくれました。

 

 

バラディはエジプトのダンス。

生活の一部でもあり、社会階級も関係なく誰もが楽しめる音楽。

 

それはみんなきっと知っていますよね♪

 

 

大切なのはその歌の背景(時代)から歌詞の意味を理解すること。

そして、その背景を知る事で自分の中に様々な感情が生まれ表現の幅も広がり、まるで女優になったような気分で伸び伸びと楽しく踊れるんです♪

 

バラディならではのダラァ(ハチミツのようにとろける甘さ)たっぷりに踊りたい♡

 

歌詞を読んで 想像力を働かせるだけならどんな表現の仕方もできるけど、その時代に作られた歌をその時代を知っているかどうかで表現の仕方は全く違うものになってしまう。つまり歌詞の解釈を間違えて表現して自己満足的な踊りになってしまう…

 

例えば

「愛しいあなたをみると、胸が躍る」

 

というシンプルな歌詞も、自由に恋愛できる環境ならとてもハッピーで毎日が輝いて恋をしてるだけでなんだか幸せ!キラキラッ!!

みたいな表現になりますよね 笑

 

でも、結婚するまで公に付き合ったりデートしたり、恋愛ができない環境で、お互いの高鳴る気持ちを隠しながら、言葉も交わせず、常に周りや親の目を気にして秘密の恋をしている恋人達なら、あの一行の歌詞からはハッピーな恋というより、もどかしさや逢えない寂しさ、そして言葉がなくてもアイコンタクトやジェスチャーで心が通い合った瞬間のなんとも言えない嬉しさとか色んな感情が感じられます。

 

 

そして歌詞の背景を理解しているからこそ、たった一行の歌詞からも様々な感情がじわっと滲みでる味のあるダンスになってくるのですね。

 

それが私の中ではズキューンってくる「最高のダンサー」であり、自分の目標でもあります♪

 

 

レッスンでは「やらなきゃ、知ってなくちゃ」というより「やりたい、知りたい」とワクワクするような学びをシェアしていきたいなと思ってます♡

 

 

では皆さま、今夜もレッスンでお会いしましょう〜♪

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>