qqq




はえぎわ


ヘアメイクの友人におしえてもらったワザ!
お風呂あがりや顔を洗ったあと
髪の毛の生え際と顔の境い目の部分を、指のはらで1分くらいマッサージすると
なんだか肌の調子が良くなります。
というか、表情がシャキッとします。すごいよ!
このへんってリンパとかあるのかな、よくわからないけど、
やってみて!結構感動する!



オヤジアイコン

オートミールという食べ物がある。日本ではあまり浸透していないけど、温めた牛乳をぶっかけて砂糖を大量に入れて食べるという荒い調理でなにげに美味しい、アメリカ的な朝ご飯としてよく映画なんかで白人のちびっこ達が食べてる、アレね。
先日友達と、この商品のトレードマークって爺さんだよね、と話した。…じじいがトレードマーク、これはケンタッキーフライドチキンにも通じますね。そしてどちらも白髪で割腹の良い爺さん、ほっぺは少女のようにほんのり赤い。なにげに、じじいを食品の販促の顔として使うのは難しいと思う。だって、じじいだし。美少年や美少女や動物が「おいしいよ」と言ってるほうが清潔感があって、一緒に食べたくなるけど、じじいだと援交っぽくてあまり一緒に食べたくないなあ。いやらしい部分や不潔な部分がクローズアップされがちだから実際、じじいはキャラになりにくいのか。「○○おばさん」など、おばさんは家庭的なイメージがあるからよく見かけるけど。ただ、オートミールとチキンのじじいは例外だよね。白髪=白=純白=クリーンなイメージだし、人の良さそうな丸顔でほっぺがピンクっていうのも好感を持てるし、この人達が作ってるんなら、美味しそうだ。レストランのシェフが割腹がいいほうが信頼できるのと一緒だよね。
将来、何かしら食品に携わっていく事を考えている男性は、自分のビジュアルの目標をこのへんに設定しておくと、成功するような気がします。



マカロン書類


パリ帰りの友人がマカロンを大量に買ってきてくれて、夢のよう。
マカロンがたくさん食べられる幸せプラス、
そんな生モノを届けるために
時差ボケも直らぬまま駆け付けてくれるというのが
ロマンティックで嬉しいですね。
その友人は、ええと、女子なんだけどね。
ところで、A4サイズの書類ケースで
安っぽくなく、OLっぽくもない素敵な逸品を探しています。
A4のコピー用紙になんでもかんでも書く、という癖があるのですが
これらをまとめて持ち歩く時
いつもバラバラになるので困ってしまうのです。
道ばたでバッサーーと落として書類が風に舞ってしまい、
それを拾うのを手伝ってくれた人が超イケメンの独身石油王だったらいいなあ、
という想像をいつもしてしまうため
今まで書類ケースを買わなかったのかもしれませんが、
そんな事は現実世界では起こらないかも、と気づいたため
書類ケース、買います。



ヘルメット

少し前に「ヘルメットの女」の絵を描いたのですが

実際にこれを作ってみたら?と、色々な方に言われたので、作りました。プリント屋に出せば一瞬で出来るのだけど私は前世が職人かもしれない…と思うほどち密な作業が好きなので、めっちゃ細かい手描きです。

この合成は、ちょっとビミョーですが、微妙さ加減が逆に転んで、面白かったりしませんか。
ちなみにこのヘルメット、何かの企画展に出したのですがその後、戻ってきていません。